魚政宗ってお店でカキフライとアジフライを食べてきた??? - 湘南発!メタボオヤジの楽しくも怪しい日々

今日のお昼は魚問屋 魚政宗 荻窪でガッツリとお昼ごはん?

本当はキンメの煮付け定食でも食べようと来たのですが???

メニューをみて今が旬のカキを使ったフライが食べたくなり予定変更?

カキフライとアジフライの定食をご飯大盛で注文?

少し待って定番のしじみのお味噌汁とご飯が先に出されすぐにカキフライとアジフライがやって来たのだ?

 

揚げたてのふっくらのカキフライ二個にやはりふっくらなアジフライ?

オッサンは魚系のフライでもソース派?

衣がサクサクでカキフライ旨し?

アジフライも負けじと美味しいぞ?

サクサクモグモグご飯をわしわしを繰り返し美味しく完食?

これで600円?

なんともコスパの良いお店なんだろう

1000べろセットも気になるけど仕事終わりお店を覗くといつも満席?

なかなかの人気店なのだ?

とりあえずランチ時にはちょいちょい利用するぞぉ〜???

と思いつつ??

明日もイイになりますように?

ローカル線の旅 由利高原鉄道 1回目 ( 旅行 )

由利高原鉄道羽越本線羽後本荘駅から矢島までの23キロを、第三セクターによって運営されている。

特に見所のある観光スポットはないので、営業の苦しい状況がわかる路線である。

昭和の時代からこの路線をときどき乗ることがあるので、沿線の変化も30年以上見てきた。過疎化高齢化の流れはどの地方も変わらない。

この沿線には見所がないと書いたが、それに向けて地域と一体となって努力している。

新たな車輌、鳥海おもちゃ列車「なかよしこよし」を本年7月に運行を開始している。

jr四国のアンパンマン列車を彷彿させる。

そして鳥海山木のおもちゃ美術館を小学校の旧校舎につくり、新たな観光スポットとしている。

平日ではあったが、親子連れが3組ほど乗ってきた。駅からも無料シャトルバスが出る。

鳥海山麓線という割には、鳥海山まで距離はあるが、終点の矢島からは鳥海山への登山口もあり、法体の滝というすばらしい滝もある。また立派なホテルもある。

まだまだ活かせるところがあるのは確かだが、首都圏から人を呼び寄せるにはアクセスが厳しい。

今回10月初旬に往復乗った。

平日の昼過ぎ。

羽後本荘駅からは切符を買って乗ったのは自分だけであった。

あとの乗客は次の薬師堂駅から乗ってきた、5,6人の高校生ばかりであった。

この日は天気が悪く、鳥海山も見られない。

沿線を流れる子吉川の流れは美しい。

列車は1両でゆっくり走る。

前郷駅での列車の行き違いには、今では見られなくなったタブレット交換が行われている。

この会社の車輌は2形式5両である。

写真にも載せたが、パンフレットは充実している。

出発から40分ほどかけて終着駅の矢島駅に着く。

駅前は寂しい。食堂や信用金庫の支店がある。

駅を出て突き当たりを左に行くと、中華そば屋(大黒屋)があった。

店は写真のように実に地味だ。

街中に人がいないのに、7人ほど客がいた。

ラーメンは写真のとおり、素朴な雰囲気である。

女将がひとりでつくっているようだ。

値段は450円にびっくり。矢島では是非食べてほしい。

食べ終わって街を散策する。

かつてあったパチンコ屋は2軒ともなくなっていた。

ここには天寿と出羽の富士という日本酒をつくる酒蔵がある。

出羽の富士は関東で見かけることはない。

矢島は乾杯はビールでなく日本酒ですると聞いたことがある。

酒は必ず天寿と出羽の富士だと。

両社から酒を土産に買った。

矢島から羽後本荘に戻る。

矢島から乗ったのは外国人観光客ひとりで乗客は二人である。

途中おもちゃ美術館から親子連れ3組が乗ってきて少しにぎやかになったが、平日は乗客がいない。

列車は定刻通りに羽後本荘駅に到着した。

平日はこんなものなのだろう。

日曜の昼に羽後本荘駅からバスを待っていた。3本来たが、誰も乗っていなかった。

自分が乗ったバスは終点まで自分ひとりだった。

なんだか大きなタクシーに乗った気分であった。

バスもたいへんだと感じた。

中央日報「韓国政府よ、米国に対して表面的で姑息な真似はするな」〜ネット「最近、韓国政府に比べて、韓国メディアが時々マトモなことを言うので少々驚いている」 - 目覚まし時計 goo

http://anonymous-post.net/post-2823.html

女装子の・・・夜更かしして〜!

かなり秋も深まってきて朝晩は寒くなり始めましたよね。1日でも気温差が大きくなり、ゆきの周りにも風邪引きさんが多いです。皆さんは風邪とかで体調を崩されていませんか。ゆきも先週の中頃から喉が痛く鼻水も出て頭もボーンとしていて、体がゾクゾク・・・週末に女装子になれないとヤバいなって思っていましたが、何とか回復して土日は女の子お出かけもできました〜。

風邪を引くとまったく良いこと無いですものね。学生の頃は授業がサボれるってのはあったかもしれませんが、今となってはお仕事をサボるとその分、後にツケが回るだけで・・・それが嫌で無理してお仕事に出ると辛いですものね。そして風邪で週末に女装出来なくなったら最悪です。とにかく手洗いと、うがいをこまめにして栄養と睡眠も必要よね。夜更かしはダメよね。そんなことを言いながらゆきは昨晩もパソコンで可愛いお洋服が無いかしらって通販サイトを夜遅くまで見ていました。

出品したことも買ったことも無いのですけれども、大手フリマアプリとかをネットで見ていると・・・楽しいですよね。特にゆきの好きなブランドのだと、以前に買って着たお洋服や買いそびれたお洋服や、こんなお洋服も発売されていたのねって知らなかったのもあったりしてね。たぶんゆきがそのブランドを買い始める前のかしら〜。

中には定価よりも高く売られていて、それでもSOLDしているのもあったりしてビックリ〜。ゆきも欲しいなって思うのもたくさんありますが・・・今でも着られないほどお洋服を持っているのに中古まで手を出したらたいへんよね。それにフリマがあるから新作が売れなくなって街からお洋服屋さんがどんどんと消えていくのよね。それは困るわ。

ゆきのHP 女装子「ゆき」の夢いっぱい→ http://yukilove44.web.fc2.com/

月の博物館(2) - 進んだつもりが後退していた

ジェラム氏はこの作品について、

人間の歴史の始まりから月は「文化的な鏡」だった。おもしろいことに、信仰や考え方、ものの見方によって月に対する意味と解釈が変わる。この作品が世界を巡ることで、文化の類似点と相違点が明らかになるだろう

とコメントしている。

人々をうっとりさせる神秘的なインスタレーション

それでは、世界各国における巨大な月の展示風景を見てみることにしよう。

インド・デリーにて。

ベルン散歩〜バラ公園と熊公園と大聖堂♪ - ちょっと一息コーヒーブレイク

アーレ川に架かるキルヒェンフェルト橋から見た?連邦議事堂?(左)とホテル?ベルヴュー・パレス?。

続いてバラ公園へ。

歩いて上るにはきつい坂、でもこの先に咲き乱れるバラがあるのなら何するものぞ。

重い足を引きずりながらやっと上りつめたところに公園はなく(汗)勿論バラも。。。

確かここのはずなのだけれど??

何が何だか訳わかめ

でも眼下に広がる景色の素晴らしいこと。

疲れも一気に吹っ飛びました。

都会の真ん中なのに緑は多く高いビルが無いから遠くまで見渡せます。

さすが「ベルン旧市街世界遺産」です。

熊公園はちょっと期待外れでした。

屋根のないコンクリートの庭(というか適当な言葉がみつからない)に何頭かいるようですが

生憎見ることが出来ず。

世界遺産ベルン大聖堂。

彫刻家エアハルト・キュングによって作られた234体の像が表現する「最後の審判」は圧巻。

向かって左側には、神に選ばれ天国へ向かうもの、右側には地獄へ行き、永遠の苦しみを味わうものが表現されているそうです。

【上念司】おはよう寺ちゃん 活動中【月曜】2018/10/15

音声のみ。6時台の??????関連以外は???。公式→http://www.joqr.co.jp/tera/ mylist/56780917 ??????予定:[月]上念司,[火]田中秀臣,[水]佐藤健志,[木]藤井聡,[金]坂東忠信(週替り)